保育士 年収 600万

幼稚園の園長のお給料ってどれくらい?

幼稚園 園長 給料,保育士 年収,保育士 年収 300万,保育士 年収 600万,保育士 給料 アップ,

 

 

幼稚園の園長って
なんか私腹を肥やしているイメージが
あるけれど・・・

 

 

実際にはどのくらいのお給料を
貰っているの??

 

 

そんな風に疑問に思っている方も
多いのではないでしょうか?

 

 

そこで、
公立幼稚園・私立幼稚園の
園長のお給料について
詳しくお伝えします。

 

 

 

幼稚園の園長平均年収って??

 

 

現在幼稚園は大きく分けて
公立保育園と私立保育園の2種類が
存在しています。

 

 

公立幼稚園は、
国や市区町村など地方自治体が
設置運営しているものです。

 

 

そこで働く幼稚園教諭も公務員ですので
公務員の給与体系が当てはめられます。

 

 

実際に公立幼稚園の園長の
年収の平均は600万円程度と
言われています。

 

 

しかしこういった公立幼稚園は
財政負担軽減の為にどんどん閉園
されているのが現状です。

 

 

ですので、
こういった公立幼稚園で働いて
これから園長になるのは・・・

 

 

それこそ針の穴にラクダを通すくらい
難しい事なんです。

 

 

金持ちが天国へ行くのは
針の穴にラクダを通すくらい難しい
というキリスト教の教えがありますよね…(笑)

 

 

では私立幼稚園の園長の
年収は実際的にはどの位なのかと
考えてみると・・・

 

 

年収は平均700万円程度と
言われています。

 

 

しかし私立保育園は
その経営状態によって儲かっている
人気のある幼稚園であれば
それこそ年収は天井知らず
でしょう。

 

 

そういった幼稚園の園長が
キチンと報告を上げて税金を
支払っているかは疑問ですので
実際に私立幼稚園の園長の
平均年収を正確に算出するのは
困難なのではないでしょうか?

 

 

また、
実際にはこういった幼稚園って
少子化や女性の社会進出が
進む中で・・・

 

 

園児が集まらず閉園に追い込まれる
幼稚園も多いんです。

 

 

ですので、
私立幼稚園の年収は・・・

 

 

0円〜∞と言えます。

 

 

今後、
女性が生涯働く事が
あたりまえの世の中になれば、
幼稚園って無くなってしまうかも
しれません。

 

 

そういった将来が不確かな職よりも
保育園の園長職を目指したほうが
現実的ではないですか??

 

 

実際現在、
保育園の新設・増設が急ピッチに
進んでいてそういった保育園の園長の
求人が増えています。

 

 

ですので、
幼児教育の経験があり保育士の
資格がある方は保育園の園長職を
目指してみませんか??